個別指導塾について詳しくご紹介します

個別指導塾の探し方

個別指導塾の授業の進め方

個別指導塾の授業の進め方 個別指導塾の授業の進め方として特徴的なのが双方向スタイルで行っているという点です。
学習塾というと講師から生徒への一方的なスタイルでの授業が一般的に連想されますが、個別指導塾ではそうではありません。
個別指導塾では講師と生徒とが常にキャッチボールをしながら進められていきます。
こうした双方向スタイルは講師にとっては生徒の能力に応じて柔軟に進めていくことが可能となり、きめ細かな指導ができるというメリットがあります。
また、生徒にとっては分からないことがあれば、その場で気兼ねなく質問することができますので、ストレスなく学習を進めることができる、といったメリットがあります。
このように双方向スタイルでは講師と生徒、ともに大きなメリットがある手法となっています。
なお、質問については終了後でも講師が塾に在席していればいつでも質問することが可能ですし、在席していなくてもメールなどで対応していることが多いので、その意味でもストレスはありません。

個別指導塾での受験対策は生徒ごとに違います

個別指導塾での受験対策は生徒ごとに違います 個別指導塾のカリキュラムは生徒ごとに異なっていますので、決まったスケジュールがあるわけではありません。
生徒の理解度や進み具合を判断して今学校で習っている単元を学ぶこともありますし、理解が遅れている単元ですと前に戻って履修することもあります。
通常に授業では学校の補習や定期テスト対策を重視しますので、受験対策は夏期講習や冬期講習で別に組むのが一般的です。
個別指導塾でも成績上位の生徒、学校の補習が必要ない生徒もいますので、その場合には通常授業を受験対策に当てることもありますが、それは塾の担当者や塾長との面談で決まっていきますし、生徒や保護者から希望することもできます。
受験問題の中には学校でまだ習っていない単元が出題されることもありますので、その場合には予習で必要な知識を補っておく必要があります。
それも生徒ごとにカリキュラムが違いますので、まずは面談で希望を伝えて、無駄のないスケジュールを組むことが大切です。